桜島の大噴火

1/12_桜島の日

%e6%a1%9c%e5%b3%b6

鹿児島県の桜島で史上最大の大噴火が始まったのが、1914年の今日。

この時、流出した熔岩によって対岸の大隅半島と地続きになったそうです。

ちなみに、全島が火山噴出物で構成されている桜島は、

生育に適する農作物が限られています。

そのなかでも特産品として有名なのが、

世界一大きな大根「桜島大根」と、世界一小さなみかん「桜島小みかん」。

訪れた際は、ぜひチェックしてみましょうヾ(´∀`*)

 

カテゴリー:今日は何の日?

投稿日:2017/01/12