国際腐敗防止デー

12月9日は「国際腐敗防止デー」(International Anti-Corruption Day)。2003年にメキシコのメリダ会議において「国連腐敗防止条約」が署名された記念日で、国連総会決議で採択された。この条約は腐敗や資金洗浄など経済犯罪の防止、公務員の贈収賄・横領など汚職・腐敗行為の防止、民間セクターでの腐敗対策、などを目的とし、この日は腐敗の撲滅を呼びかけている。
検察庁の発表によれば、平成24年における刑法犯の検挙人員は,全体の約7割近くが自動車運転過失致死傷等で,横領・遺失物等横領は4.0%であった。

カテゴリー:今日は何の日?

投稿日:2017/12/09