筑後で活躍中の方にお話を聞きに行きます! オトナ空間

株式会社 関家具 代表取締役 関 文彦 社長は想いを伝えるメッセージデザイナー

社長は想いを伝えるメッセージデザイナー

関 文彦 × 古田 紀久郎

風浪宮にて

株式会社 関家具 代表取締役
関 文彦 Fumihiko Seki
昭和17年大川市生まれ。福岡大学を卒業後、たった一人で家具卸業を創業。全国約3,000店舗に家具を卸しているほか、直営店を35店舗経営する。現在に至るまで、50年間赤字なしの経営を継続中。
cocomi 編集長
古田 紀久郎 Kikuo Furuta
昭和50年久留米市生まれ。豚骨ラーメン大好きcocomi編集長。その他に、クリエイティブディレクターとして数多くの広告物に関わる。関社長に敬意を払って、今回は同じ赤いネクタイをチョイス。

50年間赤字なし!
全力で駆け抜ける家具人生

「どうぞ、煮るなり焼くなりしてください」。そう言って待ち合わせ場所の風浪宮に現れたのは、赤いネクタイが似合う、愛嬌あふれる素敵なおじさま。そのいたずらっぽい笑みに、我々取材陣のハートは一発で打ち抜かれた。家具の町・大川でも豊富な品揃えで知られる[株式会社 関家具]の代表取締役・関 文彦氏だ。
だが、この柔和な笑顔にだまされてはいけない。氏は、創業以来50年間赤字なしという驚くべき偉業を達成。経営者顕彰財団第38回「経営者賞」をはじめ数々の賞の受賞歴を持つ、筑後、いや、九州が誇るべき大経営者なのだ。
木工商だった父の元、大川で生まれ育った氏は、小学生の時には父の弟子たちと一緒に材木を運び、中学生の時にはノコやカンナを使いこなしていたという。それは、「働かざる者、食うべからず」という母の教えの賜物だった。高校を卒業すると、家具屋で働いて商売のいろはを実地で学びつつ、福岡大学商学部の夜間部で商売のための理論を身に付けた。そうして計7年間の修業後、25歳で[株式会社 関家具]を創業。昭和57年に法人化し、現在に至る。
「ぬくもりで、世界を変えよう」。60余年家具一筋で、大川からこの想いを発信する関氏の、家具に対するひたむきな情熱、熱い郷土愛についてお話を伺った。

社員は社長の先生

「大川の力を結集して家具のテーマパークを作りたい」と関氏
「大川の力を結集して家具のテーマパークを作りたい」と関氏

古田関社長は御年76歳。来年、喜寿を迎えられるわけですが、ほんとに元気ですよねぇ。

そうそう。今朝もですね、まず腕立て伏せを150回、スクワットを150回、腹筋運動を150回。仕上げは逆立ちして歩く。おかげでスリーサイズが約60年間ほぼ一緒。

古田へ~! いくつですか?

だいたいバスト93、ウェスト75、ヒップ93かな。

古田まさに二十歳の体型。

古田編集長みたいに貫禄はないけど。

古田いやいや(笑)。

今から10年前くらいになるかな。「鶴瓶の家族に乾杯」(NHK総合)って番組で逆立ちを披露したんですよ。インタビューを受けてたら、うちの常務がサインを送ってきたわけ。「しゃべるより、逆立ちして歩きましょう」って。

古田野球みたいですね。

「社員の皆さんは社長の先生」というのが私のポリシー。「経営の心得13ヶ条」というのがありまして。この11番目がそれで、徹底していますんで。おかげでBS放送でアルゼンチンまで私の逆立ちが流れました。

古田常務のファインプレー!

10番目も読んでみてください。

古田「責任は全て社長が取るから、思いっ切りやってください」と!学生ならここで働きたくなる(笑)。社長の言葉は、ほんとにすごく端的に伝わってきて心に響きます。

ありがとうございます。社長はね、”メッセージデザイナー“であるべきなんです。

古田”メッセージデザイナー“ ?

社員にリーダーとしての想いを発信するための言葉をデザインする、ということですね。

古田なるほど!

生き残ってきた大川家具

腕立て伏せ・スクワット・腹筋運動・逆立ち歩行で毎日健康
腕立て伏せ・スクワット・腹筋運動・逆立ち歩行で毎日健康

古田社長の想いが社員に伝わっているからこそ、関家具の商品力はすごい。うちも御社の家具を7年くらい使ってるんですけど、とても丈夫だし、使ったら使っただけ味が出てくる。

ありがとうございます!

古田それにしても、全国でも稀ですよね、大川のような家具の町って。

今から30年前は、家具の産地というのは12ヶ所あったんですよ。北は旭川から南は宮崎の都城まで。

古田へ~!

でも今は、大川も含めて6ヶ所しか残ってません。その中でもね、年に4回も展示会ができるのは大川だけ。今はタンスや棚は作り付けのビルトインが増えているから。

古田クローゼットとか?

そうそう。だからね、適切な値段で良い品を提供しないと。うちの家具はほんと、社員がね、精魂込めて開発したやつばかり。

古田ソファもすごいですもんね。

「レザーテックス」という新素材を使ったソファは、月間3、000本は売れてます。ソファの開発力じゃ、うちは日本一!

家具のテーマパーク構想

古田いいですね、ほしいなぁ。やっぱり、会社も町と一緒に成長していきたいですよね。

だからね、大川に家具のテーマパークを作りたいなぁと。

古田お~!

家具を見て楽しんで、木工体験もできて、美味しいものもあって。

古田いいですね!

一般の家具屋さんにはないような素晴らしい製品もあったり。多くのお客さんに大川に足を運んでもらえる施設を。

古田この風浪宮という素晴らしい神社もありますしね。

「おふろうさん」は1800年余り前に創建された、由緒ある神社ですよ。それに大川は食も豊富。

古田と言うと?

5月から7月20日まで、エツ漁が解禁になります。希少な魚で刺身が美味しい。それから天然の鰻も。

古田へ~! 食も家具も、そして社長のような人の良さも(笑)。大川は魅力がいっぱい。

そうそうそう(笑)。だから、とりあえず大川の関家具にいらっしゃいと、そういうことです。

古田ははは! じゃあ僕はまずソファを買いにまた遊びにきます(笑)。

オトナのおすすめスポット

風浪宮
風浪宮

風浪宮

電話番号 0944-87-2154
住所 大川市酒見726-1
駐車場
HP www.ofurousan.or.jp/

株式会社 関家具

株式会社 関家具
株式会社 関家具
電話番号 0944-88-3515
住所 大川市幡保201-1

関家具大川本店

電話番号 0944-88-0108
住所 大川市大字幡保172-3
営業時間 10:00〜18:00
HP www.odm-seki.jp/